2020年11月25日

【シニア出張パーソナル】 本日は坂根工務店

Posted by 坂根浩治

いつもお世話になっているシニア世代のクライアント様に、以前から「これをしたい、直したい、これが困ってる」などの内容をお伺いしていた中で、【 御自宅の木製玄関ドア塗装 】のご依頼を承りました。

養生や塗装を行うまでに、時間が結構かかるため、今回は妻に同行して手伝ってもらい、朝9時からパーソナルトレーニングセッションをスタート。妻は先に塗装準備を進めてくれていて、10:30から私も合流して玄関ドアの養生→研磨→拭きあげ→塗装→仕上げと行ってきました。

IMG_9953.jpg



こちらがビフォーアフター。

Before
IMG_9946.jpg


After
IMG_9957.jpg



15:30過ぎにすべての片付けを始めて、16:00温かいお茶をいただきながらクライアント様と妻と3人で雑談。

もし1人でパーソナルセッション後にドア塗装を行なっていたら、プラス3時間は掛かっていたはず…
妻が手伝ってくれて感謝です。

私のシニア・パーソナルトレーニングでは、クライアント様(特にお一人暮らしの方)が日常生活の中で特に困っていること【必要な病院への通院、日用品の買い出し(比較的重い荷物)、粗大ゴミに出したいソファーを室内から玄関先へ運搬など】 クライアント様がお困りのお手伝いを承ってきております。

もし、お身体をしっかりしたい&健康を保ちたいシニアの方、お身体のケア+お家の中で1人でどのようにしたらよいか手をつけられない困った事がありましたら、坂根までお声がけください。

コロナの影響もあり、お家時間が長くなっている傾向があります。

お家でのシニア・パーソナルトレーニングも、たたみ一畳分のスペースから始められますので、お気軽にお問い合わせください。


坂根浩治Instagram

posted by LIM at 08:11| シニア世代

2020年10月29日

【シニア世代】 脳の活性化に役立つこと

Posted by 坂根浩治

今年4月、緊急事態宣言が出てから、もう半年が経ちました。

私は、出張シニア・パーソナルトレーニングで会員様の御自宅に伺う日が大半です。
70代以上のシニア世代は、コロナの影響で半年近く外出を控えながら普段の食材の買い物のみという方も多いです。

そのため、御自宅で引篭になりがちになりやすく、人に自分が思っていることを発信する機会や、脳に良いとされている人とのコミュニケーションや趣味を楽しむこと、生きがいを持つことなどの大切な時間は減っています。

脳は情報を得るだけでなく、それを整理して人に発信することで、より活性化されるそうです。

私は出張時、シニアの方の御自宅にお伺いした際、ある程度時間を決めて会員様に思っていることを存分にお話ししてもらいます。その時間、私はほぼ聴いているだけです。

悩みや普段思っていることを存分に話せると認知症予防に役立つと伺ってます。

また、スマホを嫌う傾向がシニア世代にはありますが、こんな便利な事も出来るとスマホで検索して見せたり、実際にスマホをお持ちの方には、普段ご自身で出来そうな簡単なレクチャーを行なってコミュニケーションを取っています。
この、新しい体験や驚きは脳の活性化にも役立つので、楽しんでもらいながら少し取り入れています。

今朝も公園でのラジオ体操(私の朝のルーティン)で身体がほぐれたので、出張シニア・パーソナルトレーニングへ向かいます。

IMG_9270.jpg

IMG_9269.jpg
posted by LIM at 12:04| シニア世代

2020年10月19日

結局は時間をかけて生活習慣を変えなければ身体は変わらない。

Posted by 竹内亜矢子

私が折に触れて言い続けていることですが、身体を変えるのに手っ取り早い方法は生活習慣を変えること。それに尽きます。「それができれば苦労しない!」と切り返されるのも重々承知。魅力的な謳い文句が並んだ美容健康アイテムに思いを馳せたくなる気持ちもよく分かる。しかしながら、他力本願や力任せでは根本的な解決にならないんだなこれがまた。というのが私の考えであります。
一夜漬けで叩き込んだテスト勉強には瞬発力こそあるけれど、持続性は無し。テストが終わればスポッと記憶から抜けてしまう非合理的な勉強方法を私は幾度となく経験し、すんなり第一志望校に落ちました。

身体作りも全く同じだと思います。結局は日々の積み重ねに勝るものなし、ということなのでしょう。そして身体のメカニズムを根本から理解した上で身体作りに取り組むことが一番の近道になるようです。急がば回れ。まずそこに気付くことが本当の意味でのスタート地点かもしれません。なので私のクライアントの方々にはゆっくり時間をかけてその意味を理解して受け入れていただければいいと思っています。「身体」も「理解」も、物事の受け入れにはそれなりに時間がかかる。

私のトレーニングを3年続けて下さっているクライアントの方も、最近になって少しずつその意味を理解してくださるようになったくらいですから。
その方は「運動習慣をつけたいけれど一人では続かない」という理由で、毎週同じ時間に私と一緒に運動をされています。一週間(168時間)の中で私と一緒に運動をするのはたったの1時間。残りの167時間は自己管理になります。その167時間の日常生活の中に取り入れやすいストレッチ方法を数年かけてレクチャーして来ましたが、自主的に行えるようになったのはここ最近になってから。これまで馴染みのなかったことを日常化させていくことに時間がかかるのは当然です。
まさに石の上にも三年。そしてこれで全然OKなのです。

私も生活習慣を根本から変えるのに10年かかりました。まだまだ変えられる部分はあるので現在進行形です。
最も酷かった時の私の生活を見せられるものなら是非お見せしたい。人にゾッとする衝撃と感動、そして自分の方がまだマシ!と思っていただける勇気を与えられると思います。

人は効果覿面な物事に対しては積極的になれるけど、ゴールが見えにくい物事に対して積極的になるのはなかなか難しい。だから焦らず少しずつ自分に馴染ませていけばいいと思います。

即効性のある薬には副作用もあることを私たちは知っています。
急激なダイエットをしたらリバウンドの可能性があることも知っている人は知っています。

結局は時間をかけて生活習慣を変えなければ身体は変わらない。
日々の積み重ねが大事なんだと思います。

4B011B96-F789-41A2-8643-2A1CDBFE1D54.JPG

posted by LIM at 19:32| 日々の出来事