2018年10月30日

月末の岩たちへ 〜デスクストレッチ〜

月末!経理!肩背中が岩!



本日はExcelとタイマンを張る日なので、椅子と尻に接着剤をつけて、肩と背中を岩のように固める予定です。

がしかし、効率よくデスクワークをこなすために、時々ストレッチを挟んでいます。

デスクワークは交感神経ばかり優位になりがちなので、「呼気と筋肉弛緩」で副交感神経を優位にし、頭と身体をスッキリさせる余裕も必要ですからね。



私と同じ境遇の、月末の岩たちへ。
(中年じゃないと伝わらない)

私が“月岩”と化している時に行っている、デスクストレッチをご紹介します。



※デスク・椅子と想定
IMG_4464.jpg
肘をデスクにつき、椅子を引いて背中を伸ばします。

IMG_4466.jpg
手は首あたりに軽く添えます。

IMG_4469.jpg
この状態で大きく深呼吸。
吸気で背中を天井に近づけるイメージ。

IMG_4468.jpg
呼気で胸を床に近づけるイメージ。



背中が生き返ります。



私は身体が異常なほど柔らかいので、頭をデスクの下に入れてしまいます。
IMG_4471.jpg
新手の妖怪。



動画はこちらでご覧いただけます。
https://www.instagram.com/p/BpiWeskhXhN/?taken-by=ayako_lim



体感的には、二週に1回のペースで月末が訪れているような気がしてなりません。
そして、
通帳、Excelと向き合っている時、新手の妖怪の顔は、般若になります。



〜もしも願いが叶うなら、吐息で柔い背に変えて〜
(中年じゃないと伝わらない)



【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/

posted by LIM at 08:00| Training

2018年10月08日

背中まわりのインナーマッスルを小さく小さく動かす

背中まわりのインナーマッスルを小さく小さく動かす。


IMG_4115.jpg

IMG_4113.jpg

IMG_4114.jpg


日常生活の中で、私が長年ボンヤリ続けている動作です。
主に、ローテーターカフ(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)と呼ばれる肩関節周りのインナーマッスルを動かしています。





IMG_4111.jpg

IMG_4112.jpg


こちらは、徒手抵抗トレーニングといって、器具を使わずに行う筋トレ方法です。

胸の前で手を合わせて互いに力一杯押し合います。
その後、手を合わせたままの状態で肩甲骨を互いに寄せ合います。


これらの動作は、肩こりの解消、姿勢の安定に大きく貢献してくれます。

画像用に少し大きめに動いていますが、普段はもっと地味に小さく、中の中を動かしています。

デスクワークの合間、会話中、駅のホームで電車を待っている時など。
他人に気付かれないように、小さく小さくインナーマッスルを動かしています。

たぶん他人に気付かれてる。



習慣化しているので、「頑張って動かしているぞ」という意識は然程ありません。

過度なウエイトトレーニングもしていないので、私の背中はこれらの地味な動きを地道に続けて作られていったのだと思います。

インナーの動かし方には少しコツが要るので練習が必要です。
しかし、正しくマスターさえしてしまえば、あとは生活の中に適当に放り込むだけ。
お金かからない。バンザイ。


ご興味ある方は、ぜひ一度体験トレーニングへいらしてみて下さい。


このようなお問い合わせを頂くことがあります。

★体験トレーニングだけでも良いのか?
★1ヶ月〜2ヶ月だけ通うという形でも大丈夫なのか?



そりゃもちろんですよ!

体験トレーニングのみでも、何かしら生活に役立つヒントは得られます。
期間限定なら、日常生活に取り入れられるトレーニングやストレッチ方法をLIMで習得すればよいのです。


LIMの理想は「自分で自分の身体を管理できるようになること」
そこに導くまでが私たちの役目です。


使えるお金と時間には限りがありますがからね。(少なくとも私には)
できるだけ効率よく生活していたいです。




【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/




posted by LIM at 10:38| Training

2018年10月03日

通勤電車の揺れに負けない体幹が欲しい!【インナーユニット】の鍛え方

私が第一火曜日に出演させていただいているTBSラジオ「ジェーンスー 生活は踊る」でご紹介しましたインナーユニットの鍛え方を動画でご紹介します。


でもその前に。


ここ十数年で「体幹」「インナーマッスル」と言った言葉が一般的に使われたりするようになりました。
ピラティスが世に浸透し、身体の内側(深層筋)を鍛えることの重要性が広まったことから、このような言葉が一般的に使われるようになったのだと思われます。

ただ、そもそも「体幹」「インナーマッスル」の違いは何なのか。
どの部分なのか。どの筋肉なのか。
分かっているようで、いまいち良く分からない・・・という方が多いと思います。
情報過多で混乱しますよね。

それすらまだ理解しきれていないのに、また新しいワード放り込みやがって!と嫌われそうです。


嫌われるのが怖い。
なので順を追ってご説明する事にしました。



では、
まず、体幹って一体何なのか?というところから入ります。


体幹とは、読んで字の如く、体の幹の部分。中心。
つまり胴体部分にあたります。
(胸部、背中、腰部、腹部、臀部)

体幹を鍛える事によって、動作(運動)の安定、パフォーマンスの向上に繋がります。
少し広い意味で用いる言葉ですね。

また、体幹という言葉は、スポーツ医学用語など、何かの専門用語でも何でもありません。
どのように体幹という言葉が生まれて、一般的に浸透されたのかは不明です。


一方、インナーマッスルとは、身体の深い部分にある筋肉=深層筋を指します。
主に姿勢のアライメント、関節や臓器を正しい位置に保たせる役割をになっています。

ただ、このインナーマッスルとはどこか具体的な筋肉の部位を指しているわけではなく、
深い部分にある筋肉たちの総称です。インナーマッスルという名前の筋肉は存在しません。

例として、インナーマッスルと呼ばれている筋を記します。
ローテーターカフ(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)
インナーユニット(骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜・腹横筋)
小胸筋、外肋間筋、内肋間筋、腰方形筋、腸腰筋など



「概念」でいうと。

体幹=場所
インナーマッスル=深さの表現


というところでしょうか。


「体幹を鍛える」にはインナーマッスルの動作が含まれます。
また、「インナーマッスルを鍛える」ことは、体幹が鍛えられることになります。

言葉と意味合いはイコールではありませんが、互いに関与し合っていることは上述からご理解いただけると思います。
いずれも、身体を支えるために重要な役割。



そして、先ほどインナーマッスルと呼ばれている筋肉を挙げた際に登場したのが、インナーユニット

ようやくインナーユニットに辿り着きました。


インナーユニットとは、
「腹腔」という、内臓が詰まった部分を囲んでいる4つの筋肉「骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜・腹横筋」の事です。
ここがしっかりとしていると結果として身体の中心(=体幹)がしっかりします。


骨盤底筋群
骨盤の底から腹腔を支え、骨盤の安定性に寄与しています。
また陰部を構成する筋群であり、この筋群の機能低下は尿漏れなどの原因となるので、
歳を重ねるにつれて強化しておいたほうが良い部分です。
また、産前産後の身体は骨盤底筋群が上手く使えなくなるので、産前産後のトレーニングには
骨盤底筋群を意識したトレーニングメニューを入れると、機能の衰えを回避できます。

多裂筋
背の深層にあり、数個の椎体をまたいで脊椎の安定化に寄与しています。

横隔膜
これも「筋肉」です。
胸腔と腹腔をわける「呼気専門の呼吸筋」です。

腹横筋
胸郭と骨盤の間を取り囲む筋肉で、骨盤と胸郭の位置をコントロールします。
コルセットのような役割です。



生活に役立つ例を挙げると、電車の揺れにも耐えられる身体を手に入れられる!というわけです。


鍛えて損することは何ひとつございません。



インナーユニットの鍛え方の一例を動画にてご紹介しています。
ぜひ参考になさってください。









【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/





posted by LIM at 17:39| Training