2020年03月12日

見栄を張りたい

Posted by 竹内亜矢子

レコードメーカー様からのご依頼でデビュー前の女性アーティストのトレーニングを担当させていただいているのですが、親子であってもおかしくないほどの年齢差。
そんな彼女が最近聴いているアーティストは infinite bisousとのこと。




近頃アメリカエンタメにうつつを抜かしている私との音楽的温度差たるや。
なんだろう・・・この敗北感は。


私はUKだのPARISだの、そういうワードに遠い憧れを抱いている。


見栄を張りたい。





-------------------------------------------------------------------------
【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

【期間限定】ほぐし施術付き!ヒップ集中トレーニングプラン

LIMのLINE公式アカウント
クーポン配布中
友だち追加


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/




posted by LIM at 12:32| 音楽・エンタメ

2020年03月10日

これを聴くとイケてる女になった気分にさせてくれる曲 〜Jhené Aiko編〜

Posted by 竹内亜矢子

どうでもいいと言われればそれまでなのですが、私には「これを聴くとイケてるオンナになった気分にさせてくれる曲」というのがいくつかあります。
つまり幻覚症状。新旧問わず、あらゆるストックがあります。
いつかのブログで鼻息荒く綴ったJ.Lo親方の「Jenny From The Block」もその一つ。
ただし、「好きな曲」と「自分イケてるオンナ幻覚症状曲」は必ずしもイコールとは限らず。
そして今、私は本当にどうでもいいことを綴っていると自覚しています。

それでも続けますが、最近も「自分イケてるオンナ幻覚症状曲」を入荷しました。
Jhené Aikoの「Happiness Over Everything (H.O.E.) ft. Future, Miguel」です。



プロダクション、リリック、Jhenéの声質とスタイル、Miguelの甘ったるい合いの手(featuring)、全てが「自分イケてるオンナ幻覚症状曲」の規定に基づいています。
この曲に関しては「好きな曲」と「自分イケてる女幻覚症状曲」がイコールです。

さて、Jhené Aikoをご存知でしょうか?
Jhené Aikoは彼女のお母さんが日系の血を半分引いている女性シンガーで、「Aiko」はミドルネーム。
フルネームはJhené Aiko Efuru Chilombo。ミドルネームが二つもあるのね。
よく「日系女性シンガーの〜」と紹介されている記事を見かけますが、日本のバックグラウンドはそんなに感じないけどなぁ。

現在Jhenéは30歳くらいでしょうか。
私は本人に直接会ったことはないのですが、彼女がまだ7~8歳くらいの頃から存在は知っていて。
彼女には二人お姉ちゃんがいるのですが、その昔、私がアメリカに住んでいた頃、お姉ちゃんのMiyokoとJamilaには何度か会っていたことがあります。
MiyokoとJamilaは「GYRL」という3人組のR&Bガールズグループで活動していて(長くは続かず終了)、それ繋がりで面識がありました。もう20年以上前。

当時、長女のMiyokoが15歳くらいだったかな。
「こんなゴージャスなツラした子、初めて見たわ!!!!!!!!!!!!」それがMiyokoの印象でした。

完全に私好みの顔。私がなりたい顔の要素、毛量、全てを持ち合わせていたのです。
Jamilaも引けを取らずにゴージャスだったので、二人揃って街を闊歩するもんなら皆んな振り向く。そのくらいChilomboシスターズは可愛かった。
ちなみにJamilaは「MilaJ」という名前で今も歌手活動しています。

あまりにも昔の出来事なので時系列は曖昧ですが、当時、5人兄妹のChilombo家の末っ子の写真を見せてもらったことがありました。
それが幼少期のJhené。20年以上の歳月を経て、あの写真の子が2015年のGRAMMYにノミネートされるシンガーになるとは!!

そして「あの写真の少女」の曲が「自分イケてるオンナ幻覚症状曲」に採用されているという、何とも不思議な感覚。
もし当時の幼いJhenéに実際に会ってしまっていたら、きっとイメージが先行してしまってフラットに彼女の曲を聴けなかったかもしれないけど。

今月Jhenéがアルバムをリリースしました。タイトルは「Chilombo」。THE苗字。
想像以上にMasterpieceでした!何回リピートして聴いていることか。
ウンチク言い出したらエンドレスの予感がしますので控えます。

幻覚症状曲「Happiness Over Everything (H.O.E.) ft. Future, Miguel」も入っているこのアルバム。
FeaturingアーティストもNasやJohn Legendなど豪華です。
個人的にはNasとの一曲「10K Hours」が好きです。プロダクションといい、人選といい。秀逸。

是非聴いてみていただきたい。

ここに載せている「Happiness Over Everything (H.O.E.) ft. Future, Miguel」のMVはハワイで撮影されたそうで、パーティーシーンにはChilombo一家も出演しています。父ちゃん母ちゃんお兄ちゃん、MiyokoとJamilaも。
ファミリービジネスはアメリカエンタメあるある。






-------------------------------------------------------------------------
【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

【期間限定】ほぐし施術付き!ヒップ集中トレーニングプラン

LIMのLINE公式アカウント
クーポン配布中
友だち追加


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/

posted by LIM at 20:57| 音楽・エンタメ

2020年02月12日

J.Lo親方のタイムスケジュールってどうなってんの?

Posted by 竹内亜矢子

尻神様ことJ.Loのスーパーボウルハーフタイムショーでの圧巻パフォーマンスから10日が過ぎても興奮冷めやらぬ状態の中、畳み掛けるように映画「ハスラーズ」が日本公開され、引き続きJ.Loにうつつを抜かしている日々を送っています。

前回綴ったブログはこちら
圧巻のステージパフォーマンスとカメラワークのハモり具合に唸ったハーフタイムショー



IMG_4419.JPG

2008年のリーマンショックで景気が悪化したニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちが、ウォール街の(リーマンショックの元凶とされる)エリート金融マンら富裕層の男性たちから大金を巻き上げる計画を企てたという実話をもとに映画化した作品なのですが、まさにパラダイムシフトが起きている今を象徴する内容で見応えあるし、作品としても満足なのですが、それよりも何よりもJ.Loの存在感に圧倒されます。
この映画を観て以来、J.Lo親方とお呼びしています。

もうカッコいいとか美しいとか奇跡の50歳とか、そんな表現じゃ片付けられないんですよ親方は。
世の中で作り上げられた50歳の「見た目」や「在り方」の定義みたいなものなんて意にも介さないだろうし、そもそもそんなものは存在しないとJ.Lo親方が証明してくれています。

ハーフタイムショーとハスラーズ。まだご覧になっていない方は、是非ご覧になって親方の圧倒的な存在感に打ちのめされていただきたく存じます。

J.Lo親方の凄いところは、歌手が片手間に女優業をやっているわけではなく、女優が片手間に歌手業をやっているわけでもない。どちらも本業であり、一流であること。
俳優業で言えば、Nuyorican Productionsという自身の製作会社を持っていて、バスラーズでは演者だけではなく製作総指揮も兼ねている。
歌手業については、あのハーフタイムショーでのパフォーマンスを一度見れば言うに及ばない。

つまり、どれも手を抜かない。そして親方はいつでも何かやっている。

映画もコンサートステージも、完成までの作業には膨大な時間がかかります。体力と気力の維持も一苦労でしょう。
おそらくコンサートツアーのリハーサル中に次作の映画の打ち合わせが入る、取材も入る、そんなスケジュールを当たり前のようにこなしているのだろう。
その上、双子の子供との時間もあり、婚約者のアレックス・ロドリゲスとイチャつく時間もあり(Instagram参照)、尚且つワークアウトもして格闘家もびっくりな肉体。

親方のタイムスケジュールって一体どうなってるんだ?

もちろん親方レベルならパーソナルアシスタントもハウスキーパーもパーソナルシェフもいるだろうから、家事に時間を奪われるなんてことはないと思う。
とはいえども!この生活を滞りなく送るにはおそらくJ.Lo親方が3人くらい存在しないと成立しないだろう。
一体どうやって暮らしているのか。何らかの方法で我々のために生活の一部始終を可視化して欲しい。時間の使い方を参考にしたい。
少なくとも今の私には親方のスケジュールをこなすメンタルとフィジカルは無い。
そんな話を先日友人としていました。

仕事を優先したいのなら家事や育児はアウトソーシングすればいい。そのぶん納得のいく仕事をとことんやって、満足して、そして休む時は思う存分休んで、休むことに罪悪感は一切持たない。
そうやって自分の時間は自分で作ればいい。それが親方の方針なのかもしれません。最高。
あくまでもイメージですが。


ここ最近のJ.Loざんまいのおかげで、暫く怠っていた「尻の筋肉を意識して歩く習慣」を復活させられつつあります。

今日は恵比寿駅からスタジオまでの駒沢通り沿いをJ.Lo気取りで闊歩しました。脳内BGMはもちろん「Jenny from the Block」です。
あの曲が流れると自分があたかもイイ女であるかのような幻覚症状が現れるので、日々の暮らしに取り入れています。

親方、ありがとうございます。







--------------------------------------------------------------------------

【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

【期間限定】ほぐし施術付き!ヒップ集中トレーニングプラン

LIMのLINE公式アカウント
クーポン配布中
友だち追加

LIM_LINE公式アカウントQRコード.png

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/



LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/
posted by LIM at 18:05| 音楽・エンタメ