2018年10月03日

通勤電車の揺れに負けない体幹が欲しい!【インナーユニット】の鍛え方

私が第一火曜日に出演させていただいているTBSラジオ「ジェーンスー 生活は踊る」でご紹介しましたインナーユニットの鍛え方を動画でご紹介します。


でもその前に。


ここ十数年で「体幹」「インナーマッスル」と言った言葉が一般的に使われたりするようになりました。
ピラティスが世に浸透し、身体の内側(深層筋)を鍛えることの重要性が広まったことから、このような言葉が一般的に使われるようになったのだと思われます。

ただ、そもそも「体幹」「インナーマッスル」の違いは何なのか。
どの部分なのか。どの筋肉なのか。
分かっているようで、いまいち良く分からない・・・という方が多いと思います。
情報過多で混乱しますよね。

それすらまだ理解しきれていないのに、また新しいワード放り込みやがって!と嫌われそうです。


嫌われるのが怖い。
なので順を追ってご説明する事にしました。



では、
まず、体幹って一体何なのか?というところから入ります。


体幹とは、読んで字の如く、体の幹の部分。中心。
つまり胴体部分にあたります。
(胸部、背中、腰部、腹部、臀部)

体幹を鍛える事によって、動作(運動)の安定、パフォーマンスの向上に繋がります。
少し広い意味で用いる言葉ですね。

また、体幹という言葉は、スポーツ医学用語など、何かの専門用語でも何でもありません。
どのように体幹という言葉が生まれて、一般的に浸透されたのかは不明です。


一方、インナーマッスルとは、身体の深い部分にある筋肉=深層筋を指します。
主に姿勢のアライメント、関節や臓器を正しい位置に保たせる役割をになっています。

ただ、このインナーマッスルとはどこか具体的な筋肉の部位を指しているわけではなく、
深い部分にある筋肉たちの総称です。インナーマッスルという名前の筋肉は存在しません。

例として、インナーマッスルと呼ばれている筋を記します。
ローテーターカフ(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)
インナーユニット(骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜・腹横筋)
小胸筋、外肋間筋、内肋間筋、腰方形筋、腸腰筋など



「概念」でいうと。

体幹=場所
インナーマッスル=深さの表現


というところでしょうか。


「体幹を鍛える」にはインナーマッスルの動作が含まれます。
また、「インナーマッスルを鍛える」ことは、体幹が鍛えられることになります。

言葉と意味合いはイコールではありませんが、互いに関与し合っていることは上述からご理解いただけると思います。
いずれも、身体を支えるために重要な役割。



そして、先ほどインナーマッスルと呼ばれている筋肉を挙げた際に登場したのが、インナーユニット

ようやくインナーユニットに辿り着きました。


インナーユニットとは、
「腹腔」という、内臓が詰まった部分を囲んでいる4つの筋肉「骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜・腹横筋」の事です。
ここがしっかりとしていると結果として身体の中心(=体幹)がしっかりします。


骨盤底筋群
骨盤の底から腹腔を支え、骨盤の安定性に寄与しています。
また陰部を構成する筋群であり、この筋群の機能低下は尿漏れなどの原因となるので、
歳を重ねるにつれて強化しておいたほうが良い部分です。
また、産前産後の身体は骨盤底筋群が上手く使えなくなるので、産前産後のトレーニングには
骨盤底筋群を意識したトレーニングメニューを入れると、機能の衰えを回避できます。

多裂筋
背の深層にあり、数個の椎体をまたいで脊椎の安定化に寄与しています。

横隔膜
これも「筋肉」です。
胸腔と腹腔をわける「呼気専門の呼吸筋」です。

腹横筋
胸郭と骨盤の間を取り囲む筋肉で、骨盤と胸郭の位置をコントロールします。
コルセットのような役割です。



生活に役立つ例を挙げると、電車の揺れにも耐えられる身体を手に入れられる!というわけです。


鍛えて損することは何ひとつございません。



インナーユニットの鍛え方の一例を動画にてご紹介しています。
ぜひ参考になさってください。









【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/





posted by LIM at 17:39| Training

2018年10月01日

LIMの出張パーソナルトレーニング

LIMではシニア向けの出張パーソナルトレーニングも行なっています。



出張パーソナルトレーニングって何・・・?


お客様のご自宅やご指定の施設、近所の公園などへ、トレーナーが出向き、運動指導やボディメンテナンスを行います。

シニア世代になると、恵比寿まで足を運ぶ事が難しい場合もあります。
また、日常生活をより快適にするための体力作りであれば、実際に生活されている環境やその周辺でのトレーニングをご希望される方も多くいらっしゃいます。

例えば、ご自宅の階段の上り下りをスムーズに行えるようになるための筋力トレーニングなどは、実際に使われている階段でご指導させていただいた方が、より明確に鍛える部位や身体の使い方をご指導できます。
そのようなことから、出張パーソナルトレーニングを望まれるシニアのお客様が多いのです。


LIMでは主に坂根トレーナーが担当しています。

坂根君はLIMでの活動を始めるずっと前から、シニアのお客様のトレーナーとして活動しています。
クライアントの皆さんの日々の健康状態にしっかり寄り添いながら取り組んでいるので、
坂根君の出張パーソナルトレーニングを5年以上続けていらっしゃるお客様も珍しくはありません。


お一人で暮らしていらっしゃるシニアのお客様が多く、坂根君が出向くことで運動しながら気分転換できることもメリットのひとつなのかなと。



以下、坂根トレーナーのInstagramからテキストを拝借。

------------------------------------------------------------------------

耳のお話

私がシニア世代『75歳以上』の会員様とセッションをする際に大事にしていることが、5点あります。

@お相手の話しを良く聞きます
A前回のセッション後から、どんな出来事があって生活していたか聞きます
B全身を使って無理なく適度に動いてもらいます
C良く笑います
D普段ケガをしない為のお話ををして帰ります

本日も担当させて頂いている会員様から、あなたが来ると元気が出ると仰っていただけました。とても嬉しいです。

会員様のサポートがしっかり出来るよう、出張または恵比寿LIMでのパーソナルでお待ちしてます。


https://www.instagram.com/p/BoYTdA1BcNk/

sakanetr_Instagram.jpg

------------------------------------------------------------------------



いい奴だわ〜



出張パーソナルトレーニングに関してご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。
liminfo@lim-p.jp




【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/







posted by LIM at 16:05| 日々の出来事

2018年09月30日

日々の服選びに頭を使いたくないから身体を整える論


悲報_僧侶の袈裟シルエット.jpg


歩いている後ろ姿を撮ってもらったのですが、僧侶の袈裟のようなシルエットだったことを知りました。



哀しいかな、私には「ファッションへの愛と貪欲さ」が足りません。著しく欠如しています。
理解に苦しむ方もいらっしゃると思いますが、コンプレックスのひとつでもあります。

バーニーズニューヨークで服を買い漁っていた時代もありましたが、
「これを着ていれば認められる」という気持ちの方が優っていました。

私の場合は、服を楽しむというより、見栄と承認欲求を金で解決させるという意識の方が圧倒的に強かったですね。
本来の「服を楽しむ」という感覚からは掛け離れていたと思います。


現在は、自身の本質を理解して、そのコンプレックスと上手く付き合いながら生活しています。


できるだけ日々の服選びに頭を使いたくない。
体型隠しへの工夫に頭を使いたくない。
ユニクロでサクッと買って、サクッと着ていたい。
とにかくサクッとシンプルに服を着ていたい。


なので身体を整えています。
とりあえず「本体」を整えておけば、それなりによく見える。
そして他の作業をする手間が省ける。


私なりの手抜き=「身体を整える」なのです。


これは、マイノリティーな思考かもしれませんが、私には腑に落ちる手段。

身体を整えるというのは、ただ太っている痩せているという話ではなく、適度な筋肉と「姿勢」を意識すること。

体のシルエットって、姿勢で決まると思っています。特に後ろ姿。
どんな素敵な服を着ていても、姿勢が悪かったら服の魅力が隠れてしまう。勿体ない。

手前味噌な表現ですが、自身の身体について褒めていただけるようになったのは、40歳を過ぎてから。
それまで、体型を褒められたことなんてありませんでした。
(もちろん、年齢のわりにはちゃんとしているね、という意味合いだとは理解しています。)

30代後半から身体について学習し、運動指導者の道に進むことになったことがきっかけで
日常動作と食習慣が変わり、身体が変わりました。

過度な筋トレも食事制限もしていません。
シンプルに生活を見直していっただだけで、身体はゆっくり変わって行きました。

年齢を重ねても身体は変わります。
少しの工夫と習慣性を身につければ良いだけ。

しかしながら、ファッションに対する極度な面倒臭がり気質は変えられないかもしれません・・・。(己が)





【入会金0円!】体験トレーニング&ご新規入会キャンペーン実施中

main_photo (1).jpg


Instagram
竹内亜矢子 https://www.instagram.com/ayako_lim/
北島千紗 https://www.instagram.com/chisa.training/
坂根浩治 https://www.instagram.com/lim_sakane/


LIM PERSONAL TRAINING STUDIO blog
http://lim-p.sblo.jp/














posted by LIM at 12:48| 日々の出来事